読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独

人生の歯車が狂ってから孤独だ。

友達と呼べる人が居ないわけではないが彼らとの関係性は希薄になりつつある。

自分から声をかけないと会う機会はほぼない。

自分が孤独感を埋めるために彼らを必要としていても、彼らが孤独感を埋めるために自分を必要としているわけではない。

それでも数少ない友達を失うのは怖いから彼らに構ってもらおうとする。

だから会っている瞬間は楽しいが孤独感はなくならない。

つまりは人を信じられないから孤独から抜け出せない。

相手から少しでも嘘っぽさを感じてしまうと信じられなくなる。

人間関係に真面目すぎなのだろうか。